自分にとっては改悪だと感じた法律改正

私にとって改悪だと感じた法律は、貸金業規正法です

私にとって改悪だと感じた法律は、貸金業規正法です。

多重債務者問題や金利のグレーソーンの問題から改正したとのことですが、そもそもグレーゾーンの問題は、出資法と貸金業規正法の2つの法律で、金利差を設けていた国の問題だと思います。貸金業者が違法に営業を行っていたのではなくて、法律に則って商売をしていたのに、法律違反ということで貸金業規正法が改正されたのは、おかしく思います。
そして、この貸金業規正法改正の大きな問題として総量規制です。
この総量規制というのは、ある一定の金額の借金しかできなくなってしまったのです。
このお陰で、お金を借りられない自営業者が増えてしまったことです。
自営業者は銀行ではお金を借りられないから、無担保無保証の貸金業者にお金を借りにくるのですが、総量規制のお陰でお金を借りられない人が増えています。
だから、前向きな商売ができなくなり、結果的に商売が出来なくなります。それでも自営業者は、どうしても短期資金が必要になる時がありますので、違法なヤミ金にお金を借りるしかなくなっています。
国は問題がどこにあるのか、きちんと調べることもしないで改正してしまった貸金業規制法は改悪であると認識することが、必要だと思います。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.