自分にとっては改悪だと感じた法律改正

平成25年1月1日から、家事事件手続法が施行されました

平成25年1月1日から、家事事件手続法が施行されました。

これは、従来の家事審判法を改正して、新たな家事事件手続の規律をもうけた法律であると言われています。改正の理念は、手続保障・手続の透明性確保と言われています。これは、従前、申立人や相手方など、事件の当事者であっても、手続において主体的に関わる権利が必ずしも確保されていなかった点などを考慮して、当事者に対して手続に主体的に関わる権利(不服申立権や審判への立会権など)を保障し、家事事件手続が公正・公平に行われるものであることを担保しようというものです。

その理念自体は、おそらく異論の少ないところかと思います。ただ、問題は、そうした理念的な観点から各種の権利を保障しようとした結果として、当事者に対して、非常に面倒なことを強いることになりかねない改正であるということです。

例えば、審判事件において、審問期日に裁判官が一方当事者の話を聞く場合に、他方当事者は、希望すれば基本的にその期日への同席ができることになりました。
もちろん、DVなどの場合には当事者を同席させる必要はないのですが、DVと言わなくても、精神的虐待などで顔を会わせたくないという人もいるでしょう。そうした場合も含めて、一律に同席を原則とする扱いは、疑問が残ります。
家事事件手続法は、理念に引きずられ過ぎて、使い勝手の悪い法律になったという意味で、改悪だと感じています。

オススメワード

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.