自分にとっては改悪だと感じた法律改正

自分にとって本当に改悪だと思った法律は、派遣法です

自分にとって本当に改悪だと思った法律は、派遣法です。

改定内容があまりにも理不尽過ぎて、正直もうこの国は終りを迎えているのだとすら思えてきます。例えば、雇用期間が30日以内であれば日雇派遣禁止だということです。
そして生業の収入が500万円以上ある人で副業としてやる場合は可能であったり、主たる生計者じゃない場合は、世帯収入が500万円以上ないと働けないということに関しては、もう悪意を感じます。
何故、働くのにある程度の収入がないといけないのか、話になりません。要するに弱いものいじめです。
私はもう、国民は行政には一切頼らずに、個人個人で生きていけるための手法を確立していくべきなのだと思います。生きるということは、本来そういうものかもしれません。
国民個人がこういったことに対して、悪いということを認識し、腐った行政は見捨てて、自分たちの力で生きていくのが答えなのだと思います。具体的にどうすればいいかは分かりませんが、国民が団結して話し合ったり努力したりする上で、おのずと答えが導き出される気がします。
これ以上、悪人をのさばらせておくのは違うと思います。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.