自分にとっては改悪だと感じた法律改正

私達の暮らしにとって

私達の暮らしにとって、一番身近な法律といえば「憲法」ではないでしょうか。
普段は意識する事は、殆どないです。
第○条には何が規定されているか、どんな権利が保障されているのか等、考える事はないかもしれません。
でも、この国の根幹を成すものでもありますから、一番重要な法律と言えるのではないでしょうか。
唯一学校の授業でも取り上げられると言っても過言ではない憲法。この法律を改正する事が、私自身は改悪になってしまうのではないかと危惧しています。何故なら、現行憲法が掲げている理念が活かされないまま、改正に踏み切るべきではないと感じているからです。

9条の問題がクローズアップされがちですが、基本的人権の問題にしろ、まだまだ身近なところで、差別やいじめの問題も、深く根付いているような気がしてなりません。
現時点においても、現行憲法によって成り立っているという事実、そしてその理念を私達のらしに深く根付かせた後に、再度改正の可否について議論すべきだと、私は考えています。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.