自分にとっては改悪だと感じた法律改正

自分にとって改悪だと感じる法律改正は

自分にとって改悪だと感じる法律改正は、私にとって最も身近な法改正というのは、税金のことです。

投資をしている私にとって、ここ数年間、特別優遇措置によって、税金は利益に対して10%で良かったのです。
これは大変ありがたいことでした。
投資では、手数料や金利を取られますし、その上、税金も払わなければなりません。せっかく少しの利益が出たくらいでは、全て吹き飛んでしまうのですから、個人投資家は生き残るのが大変なのです。

その上、来年以降は税金が20%に跳ね上がります。これは相当厳しいことです。
税金を少なくすることで、投資人口を増やし、個人投資家を呼び込もうとする狙いがあったのだと思いますが、ここにきて不況の上、税金が倍に跳ね上がるのでは、もうやっていけないと、手じまいする投資家も少なくないことでしょう。
投資の引き締めをやっていたのでは、国内の投資人口は冷え切ったままです。
この辺はぜひ、改善して欲しいものだと思います。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.