自分にとっては改悪だと感じた法律改正

世の中よくも悪くも景気に左右されます

世の中よくも悪くも景気に左右されます。うまく行っている時と、うまく物事が回っていない時とでは、心の余裕や見え方に差が出てきます。
最近、仕事面ではうまく回っていないこともあり、どうしても隣の芝が青く見えて仕方ありません。こんな時にどうしても見入ってしまうのが、給与明細です。
その中で、税金で納めている金額の多いこと・・・。納税は国民の義務ですから文句は無いのですが、税率の引き上げなどの話が出ると、正直耳を覆いたくなります。
国は国民が居て成り立つわけですが、自分勝手な考えだけで行けば、これ以上の法改正は避けてもらいたいです。
地方税や復興特別所得税、更に消費税率など、今後を考えると増加する方向しか考えられません。子供の未来のため、自分の将来のためと考えれば判らなくもないのですが、うまく世の中まわっていない時だからこそ目に付いてしまいます。
景気が良くなり、数年後に税率などの話が凍結されて、法律改正が改悪にならずに済んだと、笑い飛ばせる時期がくればいいと思います。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.