自分にとっては改悪だと感じた法律改正

法律もその時代の動きに関連して、変わっていくものです

法律もその時代の動きに関連して、変わっていくものです。
それが良い方に変われば問題はなく、まさに「改正」ですが、どうしてか悪い方に変わる「改悪」になって、人々を苦しめるという状況も出てくるものです。

私が改悪だと感じた法律の改正というと、やはり一連の労働に関連する法律です。
色々な考え方、働き方が許容されるのは、とても良いことだとは思うのですが、派遣が増えることは、本当に労働者にとってメリットなのか?ということです。

正社員に認められているものが、派遣社員には認められず、それでも同等の仕事を求められて使い捨てられるということが正しいのか?ということです。

企業が、人件費に回せるものというのは無尽蔵ではありません。それなら、限られた人件費の中で、安く使える人間を増やせばいいじゃないかという、経営者視点で改悪につぐ改悪が成されているとしか思えません。
人々が気持ちよく働き、働くことで安定した生活が送れる社会がなければ、この国の先々に暗い影を落とすことになると思います。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.