自分にとっては改悪だと感じた法律改正

改悪と感じた法律、それはずばり裁判員制度です

改悪と感じた法律、それはずばり裁判員制度です。

市民の声を反映させた裁きが出るのは、良いことなのかもしれませんが、全くのド素人がいきなり選出されて、仕事とかも休みを取らされて、裁判をしなくてはいけないことは、かなり不思議に思います。他に代理が効かない仕事をされていたり、病気の方は除外されると聞きましたが、私のような代理が効くような仕事をしている人間にとっては、「大した仕事してないのだから、国の言うこと聞いて出てこい」と言われているような気がして、あまり良い気がしないです。

また、裁判が終わった時の裁判員さんたちの表情を見ていると、あまりにも悲痛で心が痛みます。特に殺人事件とかの裁判なら、目を覆いたくなるような写真や証拠を凝視しなくてはなりません。私だったら、うなされて鬱病になってしまいそうです。

そこに、マスコミやら好奇の目が押し寄せるわけですよ。マスコミじゃなくても、通常の生活に戻れば、家族やら同僚やら友人やらに嫌でも聞かれることになります。
「守秘義務」って、どれだけの苦痛を伴うのでしょうか。私や私の周りの知人が抽選で当たらないように願っています。

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.