自分にとっては改悪だと感じた法律改正

違法ダウンロード刑罰化は改悪だと感じます

違法ダウンロード刑罰化は改悪だと感じます。違法かどうかの境目がとても曖昧で、それを確かめるためには、個人のネット上での活動が全て晒されることになるからです。

今までは、個人が楽しむ範囲でCDやDVDをコピーしたりするのは問題なく、例えばネット上に無許可でアップロードされたそれらをダウンロードすることも、問題ないとされてきました。

しかしその内、コピー元がいわゆる海賊版など、無許可でアップロードされたものであり、それを知りながら利用した場合は、違法となると変わったのです。

しかし、著作権者の許可を得ているかどうかを確認することは容易ではありませんし、また著作権法には数多くの例外があるため、判断はさらに困難を極めます。
つまり一般人でも、著作権に関する完璧な知識を持たなければいけないということですが、現実的に考えてそれは無謀なことだと思います。そのため、本来著作権法において問題のないものなのに、もしかしたら違法かもしれないからと、手を出さない人も増えたと思うのです。

これは、新しいネットサービスの誕生・成功の阻害に繋がると思います。また罰則の基準が不明確なため、告訴する側も慎重になっていると思われ、結局現状はほとんど変わっていないのではないでしょうか。
コピーが蔓延するのは確かに良くないことですが、この改正はその解決策にはならないと思うのです。

オススメワード

Copyright 2019 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.